自分メンテナンス (バックフラッシュ編)

目次

バックフラッシュについて

グループヘッド

グループ内部に入り込んだコーヒーカスや油分などを、簡単に洗浄することができます。

バックフラッシュ時は、圧力が高まりホルダーが外れる場合があります。必ず手でホルダーを固定して行ってください。
長い間スイッチを入れたまま放置しますと、ポンプへの負担が大きくなり故障の原因となります。

機種によって抽出方法は異なります。使用方法の詳細はお買い求めいただいた際にお付けしております、マニュアルを参照ください。

【注意】

以下の機種は、構造上バックフラッシュをするとボイラー内に洗剤が入り込みます。
その場合ボイラー内の洗浄を確実に行う必要があるため、洗剤でのバックフラッシュはお勧め出来ません。

構造上、洗剤を使用してのバックフラッシュをおすすめしていないマシン
・ランチリオ社シルビア・イソマック社ビーナス・VBM社最小機種・エレクトラ社ニボラ・ ミニバーティカル
(※弊社販売当時はバックフラッシュをおすすめしない機種でしたが、その後構造が変わっている可能性もあります。詳細に関しましては購入店へお問い合わせください。 )

構造上、バックフラッシュ自体行えないマシン
 ・ピストンレバータイプのエスプレッソマシン
(グループに排水と圧を逃がすためのドレインがないため、ホルダーが外れなくなります。)

必要な道具

  1. マシンクリーナー「YURAC(ユラク)」
  2. ブラインドフィルター・ホルダー
  3. スプーン
  4. ブラシ
  5. 清潔なフキン

手順(参照例:ロケット社エボリゾーネ)

ホルダーにブラインドフィルターをセットする

1.ホルダーにブラインドフィルターをセットします。

抽出部をブラシで洗います

2.抽出口に付着した汚れをブラシで除去します。

ホルダーをあてます

3.ホルダーを抽出口に軽く当てた状態で抽出します。

ホルダーを左右に揺らす

4.お湯があふれてきたら、ホルダーを左右に動かし、抽出を止めます。

マシンクリーナー「YURAC(ユラク)」を入れる

5.①のホルダーにYURAC(ユラク)を約1グラム振り入れます。

ホルダーをはめる

6.ホルダーを抽出部にしっかりはめます。

抽出する

7.抽出を開始します。

抽出を止める

8.5秒ほどで抽出を止めます。

抽出する

9.工程⑦⑧の抽出と抽出停止を3回ほど繰り返します。

残った洗剤を洗い流します

10.ホルダーを外し、残った洗剤を洗い流します。

洗剤を入れずにホルダーをはめる

11.すすぎの為、洗剤を入れずにホルダーを抽出口にはめます。

抽出を止める

12.抽出と抽出停止を5回繰り返します。

ホルダーをすすぐ

13.ホルダー外して、すすぎます。

洗剤を入れずにホルダーをはめる

14.もう一度、ホルダーはめます。

抽出を止める

15. 抽出と抽出停止を5回繰り返します。

ガスケットを外す

16.シャワーフィルターとガスケットを外します。(ガスケットの交換方法参照)

ヘッドを拭く

17.抽出部に残った汚れを清潔な濡れフキンで落とします。

外した部品を洗う

18.外したシャワーフィルターやホルダー類を中性洗剤で洗います。

ガスケットとシャワーフィルターをはめる

19.ガスケットとシャワーフィルターを戻します。 (ガスケットの交換方法参照)

ドリップトレイをマシンに戻します。

20.ドリップトレイの水気を拭き取り、マシンに戻します。

動画

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる