よくあるご質問 ECM(イーシーエム)社

タンク

水タンクが割れた

新しい水タンクをご注文ください。

お問い合わせはこちら>水タンクご注文ページ

タンクの抜き差しが固い

もともとの仕様といたしまして、水漏れを防止するため水タンクの取り外しが固くなっています。

水タンク下のパッキン(赤)にほんの少量のグリス(食用)を塗っていただきますと、抜き差しが柔らかくなり、水タンクの破損を防止することができます。

ホルダー

抽出口ホルダー脇からお湯が漏れる。ガスケット・シャワーフィルターが落ちてくる。

・ガスケットが劣化・硬化している可能性があります。新しいものに交換してください。

※古いガスケット・シャワーフィルターを外した後は、必ず抽出部に付着している汚れをキレイに取り除いてから新しいガスケットを装着して下さい。汚れが残ったままですと、ガスケットをうまく装着できない場合があります。

ご注文はこちら>ECM社ガスケット・シャワーフィルターご注文ページ

ホルダー装着時に、90度まで回らない

抽出時にホルダーをセットする際、およそ90度くらいの位置に止まるイメージで回しますが、90度きっちりに止まるということではありません。手前で止まる場合もありますし、さらに奥まで回ることもあります。

特に新品の場合ですと、ガスケットの厚みにより、ホルダー装着時に90度まで回らないことがあります。

使用を重ねることで徐々に回るようになります。抽出時、ホルダー脇からのお湯漏れがなければ、そのままご使用いただいて問題ありません。

スチーム

スチームが弱い

①スチームノズル、スチームチップにミルクかすが付着している可能性があります。ミルクラインクリーナーで洗浄してください。
 スチームノズルお手入れ方法はこちら>自分メンテナンス(スチームノズル編)

②スチームボイラーの温度設定ができるシンクロニカの場合、温度設定が120度以上になっているかご確認ください。
スチームボイラーの温度とのパワーは比例関係にあるため、低い温度設定になっているとスチームのパワーが弱くなります。設定方法は、取扱説明書をご確認ください。


 設定方法は取扱説明書をご参照ください。

※症状が改善されない場合は、マシン内部で不具合が生じている可能性があり、修理が必要となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

スチーム先、スチームノズル根元から水漏れ

バルブのパッキンに異物がついている可能性があります。バルブを開けたり締めたりを複数回繰り返して異物を流して下さい。また空ふかしを複数回行っていただくと改善する場合があります。

改善しない場合は、スチームバルブの劣化、もしくはスチームノズル内部のパッキンが硬化・劣化している可能性があり、修理の必要があります。

※スチーム根元からの水漏れについては、根元の袋ナットが緩んでいないか確認します。

緩んでいれば締め直します。緩んでいなければ、袋ナットのOリングが摩耗している可能性がありますので、修理となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

ホットウォーター

ホットウォーターの先からポタポタ水漏れしている

バルブのパッキンに異物がついている可能性があります。バルブを開けたり締めたりを複数回繰り返して異物を流してください。

※症状が改善されない場合は、内部で不具合が生じている可能性があり、修理が必要となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

ホットウォーターの湯量が少ない

ホットウォーター先のフィルターにカルキ等のゴミが溜まっている可能性があります。ホットウォーター先のフィルターを外し、溜まっているゴミを取り除いてください。

※症状が改善されない場合は、ボイラーからの配管が詰まっている可能性があり、修理が必要となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

その他

ガスケットがはまらない。装着できない。

洗浄や交換でガスケットを取り外した際には、必ずマシン本体側抽出部に付着している汚れをキレイに取り除いてください。
汚れが残っているとうまく取り付けられない場合がありますので、ブラシ等でしっかりと汚れを落とし、固く絞ったフキンで拭き取ってください。

※ガスケットを取り付けた後、ホルダーがはまらない場合は、ガスケットが斜めに取り付けられている可能性があります。その際はガスケットを取り外し、再度取り付けてください。

スイッチが動かない・電源が入らない

電源スイッチの故障、又は電気系統故障の可能性があります。修理の必要があります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

給水しない、パネルが点滅している(エレクトロニカ)
オレンジ・ランプが消灯している(シンクロニカ・メカニカ)

水検知が機能していない可能性があります。下記の条件が満たされているかご確認ください。

・水検知のフロート(磁石)の向きは正しくセットされていますか?
・水タンクがきちんと差し込まれていますか?
・水タンクに水がたっぷり入っていますか?
・マシン底部にあるバルブの位置がマシン前方を向いていますか?
・排水トレー内側のスイッチは「0」になっていますか?

※詳細は取扱説明書をご参照ください。

タンクの水位センサー用フロートについて

水タンク内に装着された磁石付きフロートが水検知の役割をしています。
フロートの位置・向きにご注意ください。

水位を検知する磁石付きのフロート

①磁石付きフロートは、タンク内に装着されています。

②磁石がタンクの外向きになるよう装着します。

エレクトロニカ・メカニカの磁石位置は下側
シンクロニカの磁石位置は上側

※本体側のセンサーの位置が個体差により、微妙にずれている場合があるため、水検知していないと思われる場合はフロートの上下を逆にしていただくと水検知できる場合があります。

※給水しない、マシンが温まらない、圧が上がらないなどの 症状が見られる場合は、磁石向きや位置をご確認ください。

③上から見たストッパー

ストッパーは磁石付きフロートが浮いてこないよう押さえる役割があります。
ストッパーがないと水検知ができませんので、洗浄などで取り外した場合も必ずストッパーを差し込んでください。

圧が上がらない、マシンが温まらない

上記、水検知の条件をクリアしたうえで、圧があがらない、温まらない場合には、サーモスタット(安全装置)が作動している可能性があります。マシンの上部パネルを取り外し、サーモスタットのスイッチの確認が必要です。お客様のお手元で対処いただくことができます。

作業手順をご案内させていただきますので、弊社までお問い合わせください。
それでもなお改善しない場合は、マシン内部で何らかの不具合が生じている可能性があり、修理が必要となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

※マシンの電源を入れたまま、抽出しないまま放置していますと、ボイラー内の温度が上がり、サーモスタット(安全装置)が作動することがあります。(ヒーターへの通電がOFFとなり、圧が下がります)
ボイラー内の温度が上がりすぎるのを防ぐためには、定期的に(40~60分に1回程度)抽出レバーを上げ、抽出口からお湯を10秒ほど出して「お湯とおし」していただきますとサーモスタットが作動することなく安全にお使いいただけます。
また抽出口付近の水の蒸発を防ぎ、スケール付着の防止にもなります。

マシン下から水漏れ

・ドリップトレイがいっぱいになっていませんか?

・水タンクは割れていませんか? → 新しい水タンクに交換してください。

※上記に当てはまらない場合は修理の必要があります。修理依頼の際には、水漏れ箇所のわかるお写真もしくは動画等を添付してください。技術担当者にて確認させていただきます。 

水タンクのご注文、修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

抽出量(湯量)が少ない。抽出に時間がかかる。

抽出部に汚れが残っている可能性があります。ガスケット・シャワーフィルターとディフューザーを外し、ブラシ等で汚れを落としてください。また、バックフラッシュを行い、汚れを取り除いてください。

バックフラッシュの手順はこちら>自分メンテナンス(バックフラッシュ編)

※症状が改善されない場合は、内部で不具合が生じている可能性があり、修理が必要となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

抽出口下の筒部分からお湯が出る

抽出時の余分なお湯を抜くためにお湯が排出されますので、抽出後にお湯が出るのは問題ありません。

※ただし、抽出時以外で、お湯・水が止まらずに出続けている場合には故障が考えられ、修理が必要となります。

修理依頼はこちら>修理・メンテナンス依頼

しばらくすると、圧が下がりマシンが冷めている

「エコモード」が作動している可能性があります。(シンクロニカ)

※エコモードは、電源を入れた状態で抽出などされないまま放置された場合、設定された時間を経過すると、自動的に待機状態(電源OFF)となる機能です。→抽出レバーを上げていただくか、もしくは電源を入れ直していただくと再起動いたします。

※エコモードは、ディスプレイを操作し、Ecoメニューから設定ができます。30分単位で時間の設定ができ、OFF(解除)の設定も可能です。
エコモードOFFに設定していただきますと、待機状態にならずに連続してご使用いただけます。

※エコモードをOFFにされた場合でも、40~60分に一度抽出レバーを上げてお湯を通していただくことをおすすめいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!